アンプレヤブルを宣言後、ボールをドロップしたら自分の足に当たって止まってしまった! この場合、無罰で再ドロップできる? それともペナルティ? どちらが正しいの??
画像: 「わーん! 木の方向に行っちゃった」

「わーん! 木の方向に行っちゃった」

セカンドショットが左に大きく曲がり、大木のある方向へ行ってしまった! 「うわ~、しまった!」「ドンマイ、ドンマイ! きっと大丈夫よ」

画像: 「わ! こんなところに」

「わ! こんなところに」

落下地点付近へ向かうと、ボールは大木の根元に。「わ! こんなところにあったわ」「残念ながらここからは打てないから、アンプレヤブルを宣言するしかないわね」

画像: 「ドロップしまーす」

「ドロップしまーす」

「じゃ、ここからドロップするわね」コロコロ、コロコロコロ……! ところが勢いが良すぎたようでボールが跳ねてしまい、自分の足もとで止まってしまった。

画像: 「再ドロップね」「ペナルティじゃない?」

「再ドロップね」「ペナルティじゃない?」

「ルールに基づいて拾い上げたボールは、ドロップした時点でインプレーの動いているボールを止めたり、方向を変えたりしたら、故意じゃなくてもペナルティを受けるのは当然よね」

「たしかにドロップした時点でボールはインプレーになるけど、いまみたいに転がったボールが止まる前に、人とか携帯品に当たった場合は、もう1度ドロップしなきゃいけない決まりじゃなかったかしら」

さて正しいのはどちら?

ドロップした球が足に当たって止まった! 再ドロップはペナルティを受ける? 無罰でできる? 

  • 動いている球を止めたから1打罰
  • 無罰で再ドロップできる
  • 動いている球を止めたから1打罰
    29
    278
  • 無罰で再ドロップできる
    71
    666

無罰で再ドロップできる。球がプレーヤーや携帯品によって偶然方向を変えられたり、止められた場合、プレーヤーは1打の罰を受ける(規則19-2)。ただし今回のように、ドロップした球が止まる前に、人や携帯品に触れた場合、その球は罰なしに再ドロップしなければならず、その際のドロップについては回数に制限はない(規則20-2a)。

週刊ゴルフダイジェスト12/7号「ゴルルとルール。」より(監修・小山混、撮影・山田秀隆)

This article is a sponsored article by
''.