いい道具には、必ず物語がある。世に数多あるゴルフギア&グッズの中から、とくにストーリーのあるものをピックアップするのが「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」。第54回はテーラーメイド「P760 アイアン」をピックアップ。

プロが順番待ちするアイアン

10月に開催された日本オープンの練習日、テーラーメイドのツアーバンを取材する機会があった。その時に「今度発表になるアイアンが、プロに高評価で順番待ち(笑)」とツアーレップが教えてくれた。そのアイアンが『P760 アイアン』。バックフェースを見ると、何の変哲もないハーフキャビティのように見えるが構造が実に凝っている。

3番から7番までは、軟鉄鍛造の中空構造。ロフトが立つ番手ほど中空部分の体積が大きくなり、そのスペースにはフェースの反発力を落とすことなく、音と打感を向上させるテーラーメイド独自のスピードフォームと呼ばれる充填剤が入っている。上がりにくい番手ほど、重心深度を深くしてミスに強くボールを上がりやすくしているのだ。

画像: このネジ部分から、充填剤「スピードフォーム」を注入することで、打感や打音が良くなっている

このネジ部分から、充填剤「スピードフォーム」を注入することで、打感や打音が良くなっている

8番からPWまでは、軟鉄鍛造の打感・打音・操作性を重要視し、軟鉄鍛造1ピース構造を採用。番手ごとの適切なスピン量を確保するために、ネックの長さを変化させる徹底ぶり。ブレードの長さ、オフセット、トップライン、スコアラインの長さ、重心、フェースの厚さ、クラブ素材などを番手ごとに最適化した新時代のフォージドアイアンと言えるだろう。

構えてみると、プロや上級者が好むシャープで美しいヘッド形状で、アマチュアゴルファーは「やっぱりまだ早いよな」と思うだろう。しかし打ってみると、ロングアイアンだってしっかりとボールが上がり、「俺、上手くなっちゃったのかな」と自分の腕前を過大評価してしまうやさしさも持っている。

楽に飛ばせるアイアンではないが、しっかりインパクトできるようになれば十分な飛距離は出る。使いこなすために練習場に通い、楽しく努力でき、自分のゴルフがレベルアップする。プロや上級者だけに独占させるのはもったいないクラブだ。

テーラーメイド「P760 アイアン」を1名にプレゼント

今週紹介している「テーラーメイド P760 アイアン」を、抽選で1名様にプレゼント。週刊ゴルフダイジェスト連動企画「ネクストブレイク ゴルフグッズ&ギア」、気になる人は本誌もチェックしてみよう。応募は下のバナーより。

画像: www.golfdigest.co.jp
www.golfdigest.co.jp

※ここで提供いただく個人情報は商品発送のほか、弊社ゴルフ関連情報のご案内に使用させていただく場合がございます。

※雑誌公正競争規約の定めにより、この懸賞に当選された方は、この号の他の懸賞に当選できない場合があります

撮影/三木崇徳、文/田島基晴

HONMA

This article is a sponsored article by
''.