何かと話題の最新スウィング理論「地面反力」。プロも取り入れているし効果があるのはわかるけど、地面を蹴るとヘッドスピードが上がる……と言われてもイマイチピンとこない。そこでティーチングプロ・吉田洋一郎が教えてくれた、簡単に地面反力の感覚がわかる「足踏み素振り」を、クォン教授と吉田洋一郎プロの共著「驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ」から紹介しよう。

腕やクラブが振られる状態を体感してみよう

「地面反力」を使ったスウィングを身につけるうえでまず最初に体感してほしいのが、内力と外力についてのイメージです。外力である「地面反力」をスウィングに生かすには、外力によって腕やクラブが振られる感覚が不可欠。それがどんな状態なのかを、体で理解してほしいのです。

具体的には、足踏みをしながら「手が振られる」のを体感してください。まず腕が振られやすいように少し前傾し、腕を完全に脱力して肩からダランと下がった状態で構えてください。そして左右の足で歩くように足踏みをします。最初は片足ずつかかとを浮かすような小さな動きで構いません。腕を完全に脱力したまま右、左、右、左と足踏みをすると、腕が勝手に左右に揺れてくるはずです。腕の力=内力は一切使っていないのに、腕が左右に動く。簡単に言ってしまえば、これが外力によって腕が「振られている」状態なのです。

画像: 完全に脱力して腕をダランと下げ、右、左、右と足踏みする。かかとを浮かすような小さな動きでも、腕が自然と左右に揺れてくることがわかるはずだ

完全に脱力して腕をダランと下げ、右、左、右と足踏みする。かかとを浮かすような小さな動きでも、腕が自然と左右に揺れてくることがわかるはずだ

足踏みによって腕が「振られる」感覚がわかったら、腕は完全に脱力したまま下半身の動きを大きくしていってください。腕の動きも自然と大きくなってきます。そして、体の動きをゴルフスウィングのイメージに近づけて上体の回転などを加えていけば、腕は脱力したままでもかなり大きくスウィングすることができるはずです。

クォン教授のメソッドの最終的な目的地は、この動きに近い感覚です。下半身の動きによって腕が振られることが重要だということを忘れないでください。

次に、その場での足踏みではなく一歩ずつ前に進みながら同じ動作をやってみてください。つまり、前に向かって歩きながら腕が振られる動きです。

前に進みながら腕を振ると、足を踏み込む動作によって、腕が振られる力が大きくなるのがわかるのではないでしょうか。そしてこの動きのなかで、前に踏み込んだ足で地面を押すようにグッと圧をかけ、その圧の跳ね返りを感じながらひざを伸ばして地面を蹴り、その力を利用して前に進んでみてください。

ポイントは、前傾姿勢を崩さないこと。グッと圧をかけパッと抜く。グッ、パッ、グッ、パッという動きの連続で前に歩いて行くのです。すると、圧を抜く瞬間に、これまで以上に腕が勢いよく振られるのがわかるはずです。もうお気づきの方もいると思いますが、これがまさに「地面反力」なのです。

画像: 歩きながら腕を振ってみると、足を踏み込む動作によって、腕が「振られる」カが大きくなることが体感できる

歩きながら腕を振ってみると、足を踏み込む動作によって、腕が「振られる」カが大きくなることが体感できる

この動作をスムーズに行うためには、動きの順番が大事です。腕が揺れるタイミングと踏み込んで圧をかけるタイミング、その圧を抜くタイミング。これらがうまく連動してタイミングよく連鎖すると、腕が振られるスピードが最大になります。地面反力を使うための「運動連鎖」とはこのことで、まだ腕が右方向に振られている間に左足を踏み込み、加圧・抜重(圧を抜く)の動きによって切り返すという動きの順番が最大のキモなのです。

地面反力の動きがうまくできないときには、一度この動きに立ち返ってみてください。下が動いて、その動きで腕が振られるという「順番」は、すべての動きに共通します。スウィングがおかしいときというのは、この動きの順番が狂っているケースがほとんど。そんなときは「足踏み素振り」でリセットしてみてください。

「驚異の反力打法~飛ばしたいならバイオメカ」(ゴルフダイジェスト社)より *一部改変

HONMA

This article is a sponsored article by
''.