いよいよ木曜日に幕を開けるマスターズ。同大会に出場するアマチュアゴルファーは日本期待の金谷拓実選手を含め6人。その中には南アフリカの名手、アーニー・エルスの甥っ子もいると言う。マスターズでのベストアマチュア争いの行方を握る若きゴルファーの横顔を、在米ゴルフアナリスト・アンディ和田がレポート。

名手エルスのスウィングをさらにバージョンアップ

今年のマスターズにはアジアパシフィックアマを制した金谷拓実(東北福祉大)を含め6人のアマチュアが参加しますが、中でも注目度が高いのはアーニー・エルスの甥っ子のヨバン・レブラ(21歳)です。195センチという長身のレブラは、昨年の全英アマを制してマスターズの招待枠を獲得しました。

現在アメリカ南部アラバマ州のオーバーン大学に留学中(3年生)というレブラはエルス譲りのゆったりとしたスウィングで鋭い球を打つと聞き、早速近場で行われていた大学の対抗試合会場に行き、そのプレー振りを見てきました。

驚いたのは噂を上回る華麗なスウィングでした。 「ビッグイージー」と呼ばれるアーニー・エルスの再来どころか、大学のチームメイトはバージョンアップした「ビッグ・イージーVer 2.0」と話していました。

アーニーよりも2センチ身長が高いというレブラはアーニーのお姉さんの息子。幼少時代はラグビーやクリケットが好きだったけど、お祖父さん(アーニーの父)にゴルフスウィングの基本を教わりメキメキと上達していったということです。

画像: アーニー・エルス(左)と甥っ子ヨバン・レブラ(右)のスウィングを見比べると似ているのがよくわかる

アーニー・エルス(左)と甥っ子ヨバン・レブラ(右)のスウィングを見比べると似ているのがよくわかる

「ドライバーのスウィングスピードは114マイル(約秒速51メートル)、5番アイアンは195ヤードぐらいのキャリー」と話していましたが、もっと馬力はありそうです。

「監督やチームメイトからは『もっと早く振れるんだからスピードを上げろ』って毎日のように言われるんだけど(笑)、自分にとってバランスを保ち、コントロールができる心地良いスウィングは今のリズムなんだ」と落ち着いた表情で話していました。

画像: レブラはマスターズで活躍することができるか。注目選手のひとりだ

レブラはマスターズで活躍することができるか。注目選手のひとりだ

「叔父さん(エルス)とは昨年出場した全英オープンや南アフリカオープン、ドバイなどで一緒に練習ラウンドをしてもらいましたが、やはり一番印象に残っているのは今年の南アフリカオープンで(同スコアで並び)3日目に一緒に回ることができたことですね」 と振り返るレブラ。

先日PGAツアーの会場でエルスに甥っ子のことを尋ねたところ、「将来私の記録をすべて塗り替えてほしいよ。 ヨバンはコースマネジメント力がついてきてレベルアップしてきているようだね。 なんといっても人格が素晴らしい。 家族の誇りだよ」とベタ褒めでした。

先週はジョージア州アトランタで行われたジョージアカップという全米アマ優勝者対全英アマ優勝者の前哨戦でレブラは全米アマ優勝者のビクトル・ホブランド(ノルウェー)を下しました。マスターズではどんな活躍を見せるのか楽しみです。

画像: 東大ゴルフ部式!統計で練習効率を上げる~井上透と幡野夏生のこれってどうしてる?#9~ youtu.be

東大ゴルフ部式!統計で練習効率を上げる~井上透と幡野夏生のこれってどうしてる?#9~

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.