いよいよ国内男子ツアーが開幕するが、先に開催されたシニアツアーで優勝し幸先よくスタートできる手嶋多一。新しいアイアンを手に語ってもらった。

新しいミズノプロのマッスルバックでいきなり勝利!

シニアツアーの開幕戦、金秀シニア沖縄オープンで見事シニアツアー初優勝を挙げた手嶋多一。手嶋が今シーズンの武器として選んだのが、ミズノのプロトタイプ。マッスルバックタイプのアイアンだ。

「重心が低すぎないから球が操りやすいし、高さや球筋をコントロールしやすいんです。前のモデルは球は上がりやすかったんですが抑えられなくて。これは、ダウンブローで打ったときにボールとフェースの重心がぴったり合ってると思うんです。ロフトも立ててないのに5ヤードくらい飛距離も伸びたんですよ」(手嶋)

画像: ミズノプロの新モデルアイアンをセッティングに入れた手嶋。飛距離も伸びたと実感しているようだ

ミズノプロの新モデルアイアンをセッティングに入れた手嶋。飛距離も伸びたと実感しているようだ

マスターズを制したタイガー・ウッズもテーラーメイドのマッスルバック「P7TW」を手にしていたが、やはりマッスルバックは“プロの道具”という感があり、カッコいい。

「シニアの試合でも初日は風が強かったんですが、その中でもちゃんとコントロールできました。今年は全米プロシニアに出られるので、このクラブを持って行くのが楽しみです。レギュラーもこの波のまま行きたいですね」

画像: シニアツアー初参戦で即優勝を挙げた手嶋多一。今年はレギュラーと二足のわらじで戦う

シニアツアー初参戦で即優勝を挙げた手嶋多一。今年はレギュラーと二足のわらじで戦う

波に乗っている手嶋に、前日に谷口徹が手嶋について論じた「シニアでやるとこっち(レギュラー)に戻るとしんどいんちゃうか?」という意見をぶつけてみた。

「谷口さんも早くシニアに出たらいいのに、楽しいから(笑)。距離は6800ヤードくらいの(短めの)セッティングですが、倉本(昌弘)さんとはほとんど距離は変わりませんでしたし、河村雅之さんは自分より10ヤードくらい前に行ってました。距離のアドバンテージは感じませんでした」

画像: 手嶋はシニアでの距離のアドバンテージは感じなかったという

手嶋はシニアでの距離のアドバンテージは感じなかったという

レギュラーとシニアの二足の草鞋を履いて戦う手嶋。谷口徹との“ベテランの味”対決が見てみたい。

撮影/岡沢裕行

画像: クラブがインサイドから降りるバックスウィングの上げ方【レッスン放浪記・鈴木真一プロ編①】 youtu.be

クラブがインサイドから降りるバックスウィングの上げ方【レッスン放浪記・鈴木真一プロ編①】

youtu.be
HONMA

This article is a sponsored article by
''.