ボールが落ち葉に埋もれて判別できなかったため、拾い上げたところ自分のものだと判明。リプレースする前に地面の落ち葉を取り除いたら、同伴者から物言いが……! この場合、どうしたらいいの?
画像: 「たしか、この辺りだと思うんだけど……」

「たしか、この辺りだと思うんだけど……」

セカンド地点で、ラフの斜面に落ちたボールを探す2人。「たしか、この辺りに落ちたはずだと思うんだけどな~」

画像: 「あ、あった!」「でも、ロゴが見えないですね」

「あ、あった!」「でも、ロゴが見えないですね」

「あ、あったわ! 多分、これだと思うんだけど……」「ボールのロゴが見えないので、確認が難しいですね」

画像: 「ボール確認しまーす!」

「ボール確認しまーす!」

拾い上げて、自分のボールであるかどうかを確認。「大丈夫、やっぱりこれ私のだわ」「たしかに、先輩のですね!」

画像: 「じゃ、リプレースする前に……」「先輩! 何やっているんですか?」

「じゃ、リプレースする前に……」「先輩! 何やっているんですか?」

球をリプレースする前に、もともと球の下にあった落ち葉を取り除いた。どうなる?

セカンド地点に、自分のものと思われるボールがあったが、落ち葉に埋もれて判別ができなかった。そこで、確認のためボールを拾い上げたところ、自分のものと判明。その後、リプレースする前に「落ち葉はルースインペディメントだから……」と地面にあった落ち葉を払ったところ、同伴者から指摘されてしまった。

  • 罰なしでそのままプレー
  • 罰なしで落ち葉を元に戻してからリプレース
  • 1打罰でそのままプレー
  • 1打罰で落ち葉を元に戻してからリプレース
  • 罰なしでそのままプレー
    48
    1240
  • 罰なしで落ち葉を元に戻してからリプレース
    18
    464
  • 1打罰でそのままプレー
    21
    543
  • 1打罰で落ち葉を元に戻してからリプレース
    13
    342

正解は、「1打罰でそのままプレー」。ルースインペディメントは罰なしで取り除くことができる。ただしグリーン上以外では、今回のように1度拾い上げた球をリプレースする前に、元々球の下にあったルースインペディメントを取り除くことは認められない。誤って取り除いた場合は1打罰を受けるが、ルースインペディメントを元に戻す必要はない(規則15-1a)。

週刊ゴルフダイジェスト2/4号「ゴルルとルール2020」より(監修・小山混、撮影・姉崎正)

This article is a sponsored article by
''.