パットをトップ気味に打ちたかったので、コインマーカーを置いたままパッティングしたところ、作戦は成功して、見事カップイン! しかし同伴者からは、マーカーを置いたままのパットは認められない、と言われてしまった。この場合、どうなるの?
画像: 「バーディチャンスね!」

「バーディチャンスね!」

パーオンに見事成功!「バーディチャンスね」「ありがとう!! これを沈めればバーディが獲れるけれど、この長い距離のパットは不安だわ……」

画像: 「そういえば、『とんぼ』にトップめに打つといいって書いてあったっけ」

「そういえば、『とんぼ』にトップめに打つといいって書いてあったっけ」

「最近、パットがショート気味だからな……。あ! そういえば、週刊ゴルフダイジェストで連載している、ゴルフ漫画『とんぼ』に、トップめに打つといいって書いてあったっけ」

画像: 「それなら、マークを置いたまま打てば……」

「それなら、マークを置いたまま打てば……」

「そうよ! マークを置いておいて、これに当たらないようにパッティングすればトップ気味に打てて転がりも良くなるんじゃない?」

画像: 「やった! バーディ!!」「今のは、ダメでしょ」

「やった! バーディ!!」「今のは、ダメでしょ」

グリーン上で球をリプレースしたあと、マーカーを拾い上げずにそのまま打つことは認められる?

  • 認められる
  • 認められない
  • 認められる
    30
    1610
  • 認められない
    70
    3730

正解は、「認められない」。規則に基づいてボールマーカーで球の位置をマークして拾い上げ、その球をリプレースしたあと、ストロークを行う前に、プレーヤーはそのボールマーカーを取り除かなくてはならない。今回のように、リプレース後にボールマーカーを置いたままストロークを行った場合、プレーヤーは1打の罰を受ける(規則14-1a)。

週刊ゴルフダイジェスト2/25号「ゴルルとルール2020」より(監修・小山混、撮影・岡沢裕行)

画像: 癒し系女子プロ・蛭田みな美のラウンドを秋山真凜が生レポート!まさかのホールインワン!? youtu.be

癒し系女子プロ・蛭田みな美のラウンドを秋山真凜が生レポート!まさかのホールインワン!?

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.