OB杭の手前からセカンドショットを打とうとしたところ、低く伸びた枝が体に触れて邪魔になった。そこで枝を折らないように足で踏みながらスウィングをしようとしたところ、同伴者からルール違反の指摘を受けた!
画像: 「あ、あった。あれよ!」「よかった~」

「あ、あった。あれよ!」「よかった~」

セカンド地点へ向かうと、ボールは辛うじてOB手前に。「あ! あれじゃない?」「セーフね、よかった~」

画像: 「とりあえず横に出して……」

「とりあえず横に出して……」

「ここは、とりあえず横に出さなくちゃ。うーん……。低く伸びた枝が体に当たって、なんだか邪魔だわ」

画像: 「えいっ」

「えいっ」 

「そうだ、枝を足で踏みながらスウィングすれば邪魔にならないはず……」グイッ!

画像: 「ねぇ、踏んじゃダメでしょ」「枝を折らなければ問題ないと思いますよ」

「ねぇ、踏んじゃダメでしょ」「枝を折らなければ問題ないと思いますよ」

スタンスをとるときに低く伸びる枝が邪魔になった。踏みながらプレーしたらどうなる?

OB杭手前からの2打目を打とうとスタンスをとろうとしたところ、低く伸びた枝が体に触れて邪魔になった。そこで枝を折らないように慎重に足で踏みながらスウィングをしようとしたところ、それを見ていた同伴者からルール違反だと指摘されてしまった。

  • 枝を折らなければ罰打なし
  • 2打罰
  • 枝を折らなければ罰打なし
    55
    1483
  • 2打罰
    45
    1222

正解は、「2打罰」。
球をプレーしに木の下に入ることがスタンスをとるための唯一の方法だった場合、その木の下に入るために自分の手で枝を曲げることは認められている。しかし、今回のようにほかにスタンスをとる方法があるにもかかわらず、障害になる枝を曲げて踏むとスタンス区域の改善とみなされ罰打を受ける(オフィシャルガイド8・1b/3~4)。

週刊ゴルフダイジェスト6/30号「ゴルルとルール。2020」より。(監修・小山昆、撮影・姉崎正)

画像: 飛ばし屋プロ・高島早百合がドライバーで驚きの飛距離を叩き出した!ゴルフ大好き芸人チームは食い下がれるか!? youtu.be

飛ばし屋プロ・高島早百合がドライバーで驚きの飛距離を叩き出した!ゴルフ大好き芸人チームは食い下がれるか!?

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.