ティショットを曲げてしまい、暫定球を打ったところ、自分の暫定球だと思って拾い上げた球が同伴者の球だった! この場合、どうしたらいいの?
画像: 「あ、多分これが私の暫定球ですよ!」「じゃあ、あっちのが私のボールね」

「あ、多分これが私の暫定球ですよ!」「じゃあ、あっちのが私のボールね」

ティショットを互いに右に曲げてしまった2人。暫定球を打ったところまた右方向へと行ってしまった。

画像: 「タイトリストの2番って、私の1球目じゃない? ラッキー♪」

「タイトリストの2番って、私の1球目じゃない? ラッキー♪」

画像: 一球目のさらに右奥にもボールを発見!「ということは、もう一つが私の暫定球ね」

一球目のさらに右奥にもボールを発見!「ということは、もう一つが私の暫定球ね」

画像: 「あれっ!? これ私のボールじゃなくて同伴者のものだわ!」

「あれっ!? これ私のボールじゃなくて同伴者のものだわ!」

画像: 「スミマセン! 間違って拾っちゃいました」「でもこの場合、どうすればいいのかしら……」

「スミマセン! 間違って拾っちゃいました」「でもこの場合、どうすればいいのかしら……」

自分の暫定球だと思って拾い上げた球が同伴プレーヤーの球だった。この場合、どうなる?

ティショットを右に曲げた2人。念のため暫定球を打つもまた右へと行ってしまうが、OBはまでは行っていないと考え、2人で球を探しに行き、一番近くで1球目を発見した。しかし暫定球だと思って拾い上げた近くの球は、同伴者の球だった――。

  • 球の持ち主が2打罰
  • 拾い上げた人が2打罰
  • 誰にも罰打はない
  • 球の持ち主が2打罰
    3
    44
  • 拾い上げた人が2打罰
    19
    288
  • 誰にも罰打はない
    78
    1152

正解は、「誰にも罰打はない」。
別のプレーヤーがプレーヤーの球を拾い上げたり、動かした場合、その球は元の位置にリプレースしなければならないが、罰打はない(規則9・6)。ただし球をリプレースするのは、拾い上げることが認められていない場合でも、プレーヤー自身および、その球を拾い上げたり動かす原因となった人がしなければならない(規則14・2b)

週刊ゴルフダイジェスト8/18号「ゴルルとルール2020」より(監修・小山昆、撮影・増田保雄)

画像: 「芯が広い」だけじゃない!? PRGR「RS5」は真芯を喰ったときの“ご褒美”がエグい! youtu.be

「芯が広い」だけじゃない!? PRGR「RS5」は真芯を喰ったときの“ご褒美”がエグい!

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.