多くのクラブを手掛けてきた設計家・松尾好員氏は「クラブ選びは重心選び」と表現する。最新のギアを計測・分析するなかで、注目データをピックアップし、読み解く。今回はダンロップの「ゼクシオ プライム」ドライバー。クラブ選びの参考にどうぞ!
画像: 【試打クラブスペック】●ロフト角/10.5度 ●ライ角/60.0度 ●ヘッド体積/460cc ●価格(税込)/13万2000円 ※すべてメーカー公表値

【試打クラブスペック】●ロフト角/10.5度 ●ライ角/60.0度 ●ヘッド体積/460cc ●価格(税込)/13万2000円
※すべてメーカー公表値

ゼクシオの軽量モデルを計測、試打

国民的ブランド『ゼクシオ』の軽量モデル『ゼクシオ プライム ドライバー』を紹介する。ヘッドは軽量だが大きな慣性モーメントを持ち、さらに12 代目『ゼクシオ』で好評だった空力コントロールシステム「アクティブウイング」をクラウンに搭載。ヘッドの挙動が安定し、芯に当たりやすくなった。

試打・計測用クラブ、および計測用ヘッドはロフト角10.5 度、シャフトはメーカー純正『ゼクシオ プライムSP-1 200(フレックスSR)』仕様。掲載する数値はすべて実測値だ。

クラブ長さが46.38 インチと非常に長い(60 度法計測では46.75インチ※1)が、クラブ重量が259.0gと女性向けクラブ並みに非常に軽いので、クラブの振りやすさの目安となるクラブ全体の慣性モーメントが283万g・㎠に抑えられている。この数値であれば、本来はドライバーのヘッドスピードが40~ 41m/s くらいのゴルファーにとって、タイミング良く振れる設計と言えるだろう。

全体にオーソドックスな丸形ヘッドだが、前モデルに比べて横幅が広くなり、かつ時計の文字盤でいう4~5時方向の張り出しも大きいので、投影面積は大きくなっている。ライ角度が62.0度と非常にアップライトで、またフェースアングルも2.0度フックと強いフックフェースで、球をつかまえたいイメージが伝わってくる。

※1/このヘッド&シャフトの組み合わせは46インチ規制ローカルルール不適合。競技によっては使用するとルール違反になる可能性があるので注意。

アッパースウィングをイメージできる

実際に試打したところ、やはりアドレスでは球をつかまえるイメージが強い。そして、ヘッドの後方が低いシャローバック形状なので、インパクト付近をアッパーブローにスウィングしやすくなっている。

試打クラブは、クラブ重量が女性向けクラブ並みに軽く、また純正シャフトはクラブを手にしただけでもたわむほど、非常に軟らかい設計なので、この組み合わせであれば、ヘッドスピードが37m/sくらいのゴルファーでも十分に扱えそうだ。

41.9ミリの重心距離は、前モデルに比べて長く、また重心深度も44.7ミリと深く設計されているので、左右方向のヘッド慣性モーメントが4604g・㎠と標準的だが、前モデルよりも大きくなっていてミスショットに対する寛容性は向上している。

実際にシニアゴルファーにも試打してもらったが、自分のクラブでキャリー170~180 Yくらいのゴルファーが最もきれいな弾道で、効果的に飛距離が出ていた。

クラブ長さが46インチを超えた、いわゆる長尺ドライバーなので、うまく芯に当てるにはそれなりの練習量が必要となるが、ヘッドスピードは上げやすく、非力なシニアゴルファーが球をつかまえて、素直なストレート系弾道で飛ばせそうだ。

画像: 左右方向のヘッド慣性モーメントが4604g・㎠と標準的だが、前モデルより大きくなり寛容性が向上している

左右方向のヘッド慣性モーメントが4604g・㎠と標準的だが、前モデルより大きくなり寛容性が向上している

これが「ゼクシオ プライム」ドライバーの計測データだ!

フェースアングルが2.0度フック。アドレスしたときから球がつかまるイメージしかない、強いフックフェースと62.0度という超アップライトなライ角が特徴的。

またフェース高さは53.1ミリとシャローだが、ヘッド形状も後方に向けて低くなるシャローバックで、インパクトではアッパースウィングをイメージしやすい。

44.7ミリという非常に深い重心深度と41.9ミリと長い重心距離で、前作よりも大慣性モーメントを狙ったヘッド。左右方向のヘッド慣性モーメントは4604g・㎠と標準的だが、前作よりも大きくなり、寛容性はアップした。

画像: クラブ重量が259.0g、ヘッド重量が184.0gと共に軽く、クラブ全体慣性モーメントは283g・㎠。本来HS40~41m/sのゴルファー向き

クラブ重量が259.0g、ヘッド重量が184.0gと共に軽く、クラブ全体慣性モーメントは283g・㎠。本来HS40~41m/sのゴルファー向き

※週刊ゴルフダイジェスト2023年4月25日号「松尾好員のヘッドデータは嘘つかない!」より

This article is a sponsored article by
''.