うわ〜、また振り遅れて“どスライス”。そのスライスの原因は、ダウンスウィングで右肩が下がっているからかも。右肩が下がると体が開いてフェースも開く、悪循環。今回は「ツイスト打法」でお馴染みの武市悦宏プロにダウンスウィングで右肩を下げずボールをつかまえるために効果的なドリルを教えてもらった。

クロスハンドグリップなら右肩は下がらない

ダウンスウィングで右肩が下がってしまう(カラダの軸が右に傾く)のを防ぐためにはつねにカラダの右サイドを高く保つ必要がある。それを可能にするのが、クロスハンド(逆手)でクラブを握って、ボールを打つ「クロスハンドドリル」だ。

画像: パッティングでお馴染みのクロスハンドをアイアンでもやってみよう

パッティングでお馴染みのクロスハンドをアイアンでもやってみよう

順手でグリップを握ると右手が左手の下にくるが、クロスハンドだと右手は左手の上にくる。つまり右サイドが高くなる。すごくシンプルな発想だが、右肩が下がるのを矯正するのに効果的なのだ。

右肩を下げない⇒軸が安定する⇒ナイスショット

武市プロは自身が提唱する「ツイスト打法」のなかで、カラダの正面でインパクトすることの重要性を説いているが、カラダの軸が右に傾いてしまうとそれは不可能。

軸が右に傾いてしまうと、カラダの正面でインパクトすることはできない

このドリルでは意識しなくても、右サイドが高い状態を保つことができる。つまりスウィング軸が安定するのだ。

画像: 強くスウィングしても、クロスハンドグリップならインパクトで右肩が下がることはない

強くスウィングしても、クロスハンドグリップならインパクトで右肩が下がることはない

右肩が下がって、インパクトが安定しないという人にはぜひこの「クロスハンドドリル」を試してほしい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.