死ぬまでにしたいことのリストの中に「クルーズ船で旅行する」が入っている人は少なくないはず。それをハワイで、しかもレッスン付きのゴルフを絡めて実現できちゃうツアーがあるんです!

クルーズ船で「アイランドホッピングゴルフ」できちゃう

これは、ゴルフダイジェスト社が企画するツアーなので手前味噌にはなってしまうが、このツアー、はっきり言ってかなり魅力的だ。日程は全9日間。その中身をざっくり見てみよう。

初日:ホノルル着。クルーズ船に乗り込み、19時に出港
2日目:マウイ島のワイレアGCで18ホールプレー&ラウンドレッスン
3日目:ワイレアGCで18ホールプレー&ラウンドレッスンの後、出港

画像: ワイレアGCゴールドC。こんなの見せられたら、いますぐハワイに行きたくなります

ワイレアGCゴールドC。こんなの見せられたら、いますぐハワイに行きたくなります

4日目:ハワイ島入港。終日自由行動
5日目:コナCCオーシャンCにて18ホールプレー&ラウンドレッスンの後、出港
6日目:カウアイ島入港。終日自由行動
7日目:ホクアラGCで18ホールプレー&ラウンドレッスンの後、出港

画像: こちらがホクアラ。見るからに戦略性が高そう! そしてそれ以上に気持ちよさそう

こちらがホクアラ。見るからに戦略性が高そう! そしてそれ以上に気持ちよさそう

8日目:オアフ島入港。ホノルル空港発。日付変更線をまたぎ、9日目に日本着

オアフ島、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島と、訪れる島は実に4島。このように島から島を渡り歩く旅を「アイランドホッピング」というが、それをハワイを舞台にクルーズ船で、ゴルフとレッスン付きでやろうというのだから豪快だ。「一生に一回」ならばこれくらいやるのが正解だ。

レッスンツアーは常時キャンセル待ちの「雑巾王子」が一緒

ツアーには2013年のレッスン・オブ・ザ・イヤー、武市悦宏プロが同行し、ラウンドレッスンしてくれる。実はこの武市プロによるレッスンツアーはハワイに限らず、常にキャンセル待ちが出る大人気企画だという(レッスンもさることながら、夜、お酒を酌み交わしながらの“居酒屋レッスン”が大好評なんだとか!)。

画像: 武市悦宏プロ。膝立ち打ちで250Yブッ飛ばす

武市悦宏プロ。膝立ち打ちで250Yブッ飛ばす

武市のレッスンの代名詞的存在なのが、この「ひざ立ち打ち」。下半身を固定して、腕を積極的に返すことでカラダの正面でインパクトするというのが武市レッスンの基本。これに代表される個性的なレッスンの数々で、中には20ヤードの飛距離アップに成功する人もいるらしい。

ちなみにクルーズ船はいわば洋上のホテルだけに、荷物は客室に入れっぱなしで、ゴルフ場にはゴルフ道具だけ持って気楽にプレーできるというのも、クルーズゴルフの魅力だとか。ツアー料金は2名1室の利用で76万8000円(プレーフィ、食事代込み)からと、決して安くはないけれど。一生に一回くらい、豪勢にクルーズ船でハワイの島巡りしながらゴルフ、いっちゃったっていいんじゃない⁉︎

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.