ダウンロード数国内NO.1のゴルフ動画配信・スコア管理アプリの「ゴルフネットワークプラス」。その中に、自分の悩みに応じたレッスンをスマホで手軽に観られる動画コンテンツ『練習ドリル』がある。その中から今回は、内藤雄士コーチによる「アイアンの基本」を身につけるための簡単ドリルを紹介!

右手でシャフトを握る「スプリットハンド」で構えよう

「アイアンを正確に打つためには、ダウンブローに打ち込んでいくことが大切です。そのためのドリルを紹介しましょう」(内藤コーチ、以下同)

画像: 左手は通常の位置。右手は極端に短く、シャフトを握ってグリップする

左手は通常の位置。右手は極端に短く、シャフトを握ってグリップする

「まず、左手は通常どおり。右手はシャフトを持ってください。その上で、ベルトのバックルの位置でアドレスをします」

画像: アドレスはグリップエンドがベルトのバックルを指す高さ

アドレスはグリップエンドがベルトのバックルを指す高さ

「そしてグリップエンドが体を向いたまま、体をしっかりと回してバックスウィングをとります。その際、右手が上、左手が下の状態をキープしておくことも忘れないでください」

画像: 構えた状態から体を回してバックスウィングをとる

構えた状態から体を回してバックスウィングをとる

画像: バックスウィングでは「右手が上、左手が下」であるか、グリップエンドがバックルを指しているかをチェック

バックスウィングでは「右手が上、左手が下」であるか、グリップエンドがバックルを指しているかをチェック

「右手が上、左手が下」をフォローまでキープしよう

インパクトでも「右手が上、左手が下」の関係性をキープしてほしいと内藤コーチ。そのためには、あくまでも体の回転でスウィングをすることが肝心だ。逆にいえば、手打ちにならずに体をしっかりと回してスウィングをする限り、「右手が上、左手が下」の関係性は変わらない。

画像: インパクトでも「右手が上」。それにより適度なダウンブローとなる

インパクトでも「右手が上」。それにより適度なダウンブローとなる

この状態をキープしたままスウィングすると、クラブの軌道は適度なダウンブローとなり、アドレス時よりもロフトが若干立った状態でインパクトできるため、しっかりと番手に応じた飛距離を出すことができる。フォロースルーまで、右手が上、左手が下の関係性はしっかりキープする意識を持とう。

画像: 体を回してスウィングすればフォローでも右手と左手の関係性はキープされる

体を回してスウィングすればフォローでも右手と左手の関係性はキープされる

アマチュアが「ダウンブローに打とう」と考えると、とかく切り返しから手の力でクラブを引き下ろしてしまって大ダフリ、なんてことになりがち。そうではなく、クラブはグリップエンドがバックルを向き続けるように体の正面でキープし、あとは右手と左手の関係性を変えないイメージで、体を回す。それだけで適度なダウンブロー軌道となり、ピンを刺すようなアイアンショットが手に入る。

シンプルであるがゆえに効果の高い内藤コーチの「練習ドリル」。ぜひ、自分の練習メニューに組み込んでみよう。実際の動画は、「ゴルフネットワークプラス」にて。

画像1: 「右手が上、左手が下」をフォローまでキープしよう
画像2: 「右手が上、左手が下」をフォローまでキープしよう
画像: ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

ないとう・ゆうじ 1969年生まれ。日本大学在学中にアメリカに留学。最先端のゴルフ理論を日本に持ち帰ると、丸山茂樹のPGAツアー3勝をサポート。ツアープロコーチの概念を日本に根付かせた。今回の記事は、ゴルフネットワークで放送/配信中の「あすゴル!」より

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.