ゴルフダイジェストの雑誌読者「NO.1」を決める試合、「ゴルフダイジェスト リーダーズ選手権2017 ブリヂストンカップ」。すでに募集が始まっていて、キャンセル待ちのコースも出るほどの人気となっている。これを機に、“競技のゴルフ”に参加してみませんか?

関東・中部・関西、それぞれ3会場で予選を実施

ゴルフダイジェストリーダーズ選手権2017は、「読者に“競技ゴルフ”の楽しさを味わってもらおう!」という趣旨ではじまった新たな競技会。とはいえそこはゴルフダイジェスト、予選会場には選りすぐりの名コースがズラリ。

「回りたいコースはあるけれど、競技なんてハードル高いよ〜」という人のために、“スクラッチ部門”と“ハンディ部門”の2部門が用意されている。ハンディ部門は新ペリア方式なので、気軽にエントリーできるのだ。

画像: 関東・中部・関西、それぞれ3会場で予選を実施

関東大会(予選)は、男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」を開催することでおなじみの太平洋クラブ御殿場コースを皮切りに、龍ヶ崎CC、紫CCすみれCと関東屈指の名コースで開催される。

画像: VISA太平洋マスターズでおなじみの太平洋クラブ御殿場コースで思い切りプレーしよう

VISA太平洋マスターズでおなじみの太平洋クラブ御殿場コースで思い切りプレーしよう

4月19日の“御殿場”は一瞬で定員に達したものの、ここにきて若干のキャンセルが出たという情報も……! エントリーは早い者勝ちだ。

中部、関西でも! 優勝者は「プロの試合」に出られる!

予選を勝ち進むと浜松シーサイドGCでの決勝大会に参加できる。スクラッチ部門の優勝者はなんと「マイナビABCチャンピオンシップ」マンデートーナメントの出場資格が得られる。プロトーナメントへと道がつながっているのだ。ちなみにハンディ部門の優勝者には、人気プロとのラウンド権がプレゼントされる。

画像1: 中部、関西でも! 優勝者は「プロの試合」に出られる!
画像: 井上誠一設計の愛知カンツリー倶楽部

井上誠一設計の愛知カンツリー倶楽部

しかも、ブリヂストンゴルフカップと銘打たれているだけあり、出場者にはもれなくタイガー・ウッズ使用球として大きな話題となっている「ツアーB330S」1スリーブがプレゼントされる。

画像2: 中部、関西でも! 優勝者は「プロの試合」に出られる!
画像: 関西を代表する名門コース、鳴尾GC

関西を代表する名門コース、鳴尾GC

2016年、新たな使用球を探していたタイガーが、あらゆるボールをテストした中から選んだボールは、競技に挑むゴルファーなら一度は試しておきたいところだ。

エントリーはこちらから↓

キャロウェイ

This article is a sponsored article by
''.