つま先上がりの斜面ではボールと体の距離感を適切にキープしてスウィングすることがコツ。ツアープロをはじめ多くのゴルファーを指導してきた芹澤信雄プロは、前傾姿勢を浅めに調節することによってボールとの距離感を保つことが大切だと言う。チームセリザワ公式本「芹澤流ならスウィングが変わる」から、「つま先上がり」の打ち方をご紹介。

前傾を浅めにしてフラットに振る

つま先上がり、つま先下がりのライでは、ボールと体の距離感を適切にキープしてスウィングすることがコツです。スタンスの位置に対してボールの高さが変わるので、前傾姿勢で調節してください。

つま先上がりの場合は、ボールの位置が高いぶんボールが体に近く、高くティアップした球を打つようにスウィング軌道はフラットになります。

画像: ボールが体に近いぶん、クラブは必ず短く持つ。手元を少し体から離してハンドアップにし腕もクラブもヨコに振る感覚が大事

ボールが体に近いぶん、クラブは必ず短く持つ。手元を少し体から離してハンドアップにし腕もクラブもヨコに振る感覚が大事

まずはクラブを短く持って上体の前傾を浅めにしましょう。少しハンドアップにして、お尻を下げるような感じで構えるのがポイントです。

そこからヨコ振りのイメージでスウィングしますが、大振りせずに、ベタ足のまま振るくらいの感覚のほうが、軸が安定し、ナイスショットの確率が上がります。ドローが出やすいので、少し右を向くとよいでしょう。

「芹澤流ならスウィングが変わる」(ゴルフダイジェスト社)より

撮影/姉崎正

HONMA

This article is a sponsored article by
''.