ゴルフコーチ辻村明志(47)が指導している、チーム辻村のメンバー・上田桃子、吉田優利、松森彩夏、練習生の2人を合わせた5名が取り組んでいる最強ドリルの数々。「チーム辻村・女子プロと一緒に上手くなる」シリーズ、好評第4回は「傘プレーン」です。

傘は上達のための魔法の練習グッズです。チームの選手たちは、普段の練習だけでなく、試合会場でも傘を使った練習をしています。

傘を後方線上に置いて、ヘッドの軌道を確認する

画像: 飛球線後方線上に傘を置いて、クラブヘッドの通り道を確認する練習法(photo/Takanori Miki)

飛球線後方線上に傘を置いて、クラブヘッドの通り道を確認する練習法(photo/Takanori Miki)

吉田優利には、ほんのわずかですが、ダウンスウィングで腕やクラブが外から下りてくる“外回り”のクセがありました。そこで写真のように広げた傘を置き、その状態で素振りをさせたり、ボールを打たせたりしました。これは今でもやっています。

置き方は次の通り。傘の持ち手となるのが中棒、それを中心に傘を広げたり閉じたりする骨が親棒、この親棒と生地を固定した先が露先です。

この露先と露先を結ぶ一辺を、飛球線の後方延長線上に重なるように置きます。あとはこの傘にクラブが当たらないように振るだけです。

さすがに優利はプロですから傘に当たることはありません。ですが、ダウンで内側から絞ってクラブを下ろす練習を繰り返し行いました。

画像: 吉田優利のダウンスウィングは、クラブがしっかりインサイドから下りてくる。わずかながら外から下りる“外回り”のクセがなくなったことでショットの安定感が増している(photo/Takanori Miki)

吉田優利のダウンスウィングは、クラブがしっかりインサイドから下りてくる。わずかながら外から下りる“外回り”のクセがなくなったことでショットの安定感が増している(photo/Takanori Miki)

その結果、クラブパスの入口を確保でき、ダウンスウィングでクラブが体の近くを通る“締まったスウィング”を身に付けることができたのです。

第2回で紹介した「バランスボール挟み」と併せて、ダウンスウィングのクセを修正したことで、再現性の高いショット力が身につき、今季トップ10、18回(2位5回 ※データは11/9現在)を誇る優利の武器になりました。(解説/辻村明志)

このような練習法が満載の、チーム辻村ドリル本・第2弾「女子プロと一緒に上手くなるvol.2~超実戦編24のドリル」は11月11日発売です。(オールカラー184ページ・1600円/税込み1760円)

__この書籍の予約&購入はこちらから_

第1回ドリル 上田桃子「買い物袋」

第2回ドリル 吉田優利「バランスボール挟み」

第3回ドリル 上田桃子「わき腹つかんで左打ち」

画像: 【快挙】飛ばし屋タレント・ユージがドラコン大会で「世界大会ベスト16」とガチ勝負! トップ3入りの快挙達成!【高島早百合】【ドライバー】 youtu.be

【快挙】飛ばし屋タレント・ユージがドラコン大会で「世界大会ベスト16」とガチ勝負! トップ3入りの快挙達成!【高島早百合】【ドライバー】

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.